読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウラジオストクで1泊

こんにちは(*´∀`)/


今日も相変わらず寒いですね~
どんよりと曇っていて薄暗く、シベリアの空を思わせるような天気です。


さて、無事ウラジオに到着し空港からだいぶ離れたウラジオストク駅へ向かったのですが空港から駅までアエロエクスプレスという特急電車を使って駅まで行く予定でした。


しかしどうやってアエロエクスプレスの乗り場まで行くのか分からなかったのと、どっちにしろ重い荷物持って電車乗るのも大変だろうと思い、結局割高なタクシーを使って行く事にしましたw(情けない)

後々調べたらアエロエクスプレスはすぐ近くにあった。乗るならもっとちゃんと事前に確認すべきでした....


あと正直、タクシーはあまりオススメ出来ません。すごい楽だけどね! ロシア語出来ないとぼったくられる可能性大なので…
とりあえず拙い片言のロシア語でタクシーのおっちゃんと行き先と値段交渉をし1200ルーブルで(最初は2000ルーブルでどう?と言われた。結構高い。)ウラジオストク駅近くの宿泊先まで送ってもらいました。
タクシーは日本と同様、特急やバスで行くよりずっと高いけどその分とても楽だしわりと早く行けます。高いけどね!でも日本に比べたらもちろんだいぶ安いです。
ルーブルの価値がめっちゃ下がっているので、1ルーブルにつき1.62円くらい。大体1.5~2円くらいをいったり来たりしてるらしいので、タクシー代の1200ルーブルは日本円で1920円~2400円くらい。あの距離にしては日本的にすごく安いけどロシアではかなり割高。


f:id:amena8627:20160312171521j:plain


タクシー内。携帯の無音カメラで撮ったから画質超悪い(・・;)



f:id:amena8627:20160312171817j:plain

ホステル到着~♪ 無事着いて良かったァ… ちなみにこれは↑朝チェックアウトした時に撮った写真



さすが防寒システム抜群のロシア、めっちゃ重いニ重扉を開けホステル入るとフロントデスクがあり、そこにいた英語の話せる親切な超イケメンお兄さんにパスポートを渡し、滞在登録手続きをしてもらう。
あ、そうそう不思議だと思ったのがまずロシアに入出国する時には入出国カードというのが必要になり、通常機内で入出国カードが渡されるそう。
でも機内では渡されなかったしどうすんだろ…と不安でしたが、フロントデスクのお兄さんが入出国カード作ってくれたんですよね。そういうこともあるんでしょうか。どうもシステムがあまりよく分からない。
それに受け取った出国カードは後々モスクワやサンクトペテルブルグのホステルで使いましたが、出国する時に提出するはずが提出せず(要求すらされなかった)に出国してしまったんですよね(゜_゜)


5分~10分くらい待って滞在登録を済ませ、お兄さんに部屋を案内してもらいます。
一部屋に複数の人が泊まれるドミトリータイプの部屋ですが、思ったより綺麗な部屋だし、なんと一部屋ごとにちゃんとトイレとバスルーム、電気ポットが付いていました。
普通、安いホステルだと一部屋ごとにトイレやバスルームが付いているとこってほとんどないんですよね…(・・;) でもここは違いました。


f:id:amena8627:20160312181712j:plain

天井には洒落たシャンデリアも付いてる!

ここは6人部屋で女性用。ホステルを予約する時は女性用と男性用、どちらかの部屋を選ぶことが出来ます。場所によっては共同部屋もあります。
共同部屋は安いぶん、女性にとってはあまり良くないと思われる…



f:id:amena8627:20160312183645j:plain

↑ちゃんと鍵つきロッカーもある。鍵はチェックインする時にフロントのイケメン兄ちゃんから受け取ります。


そして部屋には私以外にも宿泊者たくさんいるのかな~と思いきやそんなことはなく、たった一人だけ韓国から仕事で来た韓国人の女の子が宿泊しており、肝心な名前を忘れてしまったのですが、一緒に話をした感じからとても明るい親切な愛想の良い人でした。


いやはや、私は人から名前を聞いてもすぐ忘れてしまうので困ったもんです(ー_ー;)

とりあえず軽く食事を取り、荷物整理してシャワー浴びて就寝。

次の日はついに念願のシベリア鉄道乗車です!ウラジオストクからモスクワまで約7日かけて電車で進む旅!楽しみだなァ~(*´∀`)


ってな感じで次回はウラジオストクからシベリア鉄道乗車までの話を記事にします(^.^)v